医療法人仁樹会 秩父臨床デンタルクリニック

「患者さん主体の診療」がコンセプトです

地域 埼玉県秩父市
医院名

医療法人仁樹会 秩父臨床デンタルクリニック

住所

〒368-0054
埼玉県秩父市別所53-8

アクセス

西武秩父線「西武秩父」駅より徒歩15 分

TEL 0494-25-5555
URL http://www.cmddental.com/
診療内容

● 一般歯科 ● 小児歯科 ● 歯科口腔外科 ● 矯正歯科
歯周病治療 / 予防歯科 / インプラント / 審美歯科

その他 ● 駐車場完備 ● メインテナンス専門医院あり
● 保育士常駐
診療時間日・祝

10:00~13:30

× ×

15:00~18:00

× ×

18:00~19:00

× × ×

【休診日】
水曜日 / 日曜日 / 祝日


秩父臨床デンタルクリニックは「患 者さん主体の診療」をコンセプトに掲 げています。 10 年を越える歳月をかけ て、地域の方はもちろん、ご縁があり 遠方では九州、そして県内外からセカ ンドオピニオンを求め、来院される方 もいらっしゃる医院になりました。

根管治療

根管治療は自分の歯を残す最後の手段です。細菌に侵されてしまった歯の内部をきれいに掃除して抜かずに使い続けるための最後の手段が歯根の治療です。細菌に侵されている神経(歯髄)や象牙質を除去・殺菌し、詰め物をして密封する治療で「抜髄治療・根管治療」とよばれます。この治療により本来なら抜くしか方法がない歯を残すことができます。

天然の歯牙を残す 「逆根管充填」

当院では、天然の歯牙をできるだけ保存するべきだという方針で治療にあたっています。そこで重要になるのが根管治療です。歯を残すためにマイクロスコープを用い、複雑な形をした根管に薬を入れて細菌を取り除くことや、歯茎を切開し、歯の表側からでなく根の下から治療する「逆根管充填」によって通常抜歯対象となる歯の保存に成功してきました。
過去に根管の治療を受けており、再処置が困難なケースなど、保存を重視する歯科医師でさえ、抜歯を選択する難症例もありますが、保存の可能性は残っています。「まずは天然の歯牙を残すことが基本であるべき」この方向をさらに推し進めるため、根の下側から治療する「逆根管充填」のためのピンセットを独自に開発し、患者さんが求める治療を追求しています。そして、当院では「見えない治療はしない」を念頭におき、有資格者全員が高倍率の拡大鏡を使用し診療にあたっています。

このクリニックの注目ポイント

【3DCT 装置】

当院では歯科用CT を導入しております。歯科用CT とは、近年開発された歯科に特化したCT 装置のことを言います。主に、インプラント(人工歯根)の手術や親知らずの抜歯などの治療に用いられています。
三次元の高画質画像は、断層方式パノラマX線撮影法や口内法X線撮影法の二次元エックス線画像では判別できない、痛みや症状の原因の究明や病巣の三次元的な広がり(大きさ)の認識を可能にします。
お口の中の精密検査をすることで、痛みの原因の特定、口腔疾患の早期発見やインプラント埋め込み、骨の厚み・幅の計測や骨質の評価をおこなうことができます。

代表者プロフィール

理事長 / 歯学博士 栗原 仁 KURIHARA HITOSHI
出身

埼玉県出身、明海大学歯学部卒業

所属学会

アメリカインプラント学会 / 日本歯内療法学会 / 日本歯科審美学会 / 日本臨床歯周病学会 / OJ

ひとこと

初診の方、歯科医院が苦手な方もお気軽にご来院ください。