日本の歯科100選とは?

発刊の趣旨

平成19年の医療法改正により、良質な医療を提供するための体制作りの一環として各都道府県で「医療機能情報提供制度」が開始されました。
「医療機関の情報提供」に対するニーズは、患者側医院側ともに高まってきており、要望の内容は情報提供の場だけでなく、情報の質においても単に数値的なデータではない医院の特徴などの提供が望まれています。
私ども「日本医院開業コンサルタント協会(JPCA)」は、日本で唯一、医院の開業支援を行うコンサルタントによる協会であり、開業後の医院経営も視野に入れた開業コンサルティングの育成を理念としています。

昨年の2014年版に続き、本年もJPCAの歯科医院経営研究部会は、歯科医院が本当に伝えたい、また患者が本当に知りたいと思っている情報(医院自身によるコメントや院長のプロフィールなど)を、『日本の歯科100選』という書籍にまとめ発刊いたします。
なお、震災被災地の方々への支援として、本書籍による収益の一部を被災地への医療支援や震災孤児支援に対する義援金として扱わせていただきます。

書籍の詳細と掲載イメージ

日本の歯科100選は、A5判・ソフトカバーで230ページ前後の内容となります。発刊は毎年秋を予定しており、予価1,500円(税別)、初回発刊部数は5,000部となります。

1医院につき見開き2ページの枠を設けており医院の基本情報、紹介文、院長のプロフィールと写真で構成されます。
なお、2013年版より全ページフルカラー印刷になりましたので、より一層医院の魅力を写真で訴求することができるようになりました。

選考プロセス

公募による申込とさせていただき、申込時に「医院機能 自己評価チェックシート」をご記入いただきます。ご記入いただいたチェックシートを元に、第三者機関である社団法人 日本医院開業コンサルタント協会にて厳正な審査を行い、全国の歯科医院の中から100医院を選考いたします。

1公募によるお申込み

矢印

2医院機能 自己評価チェックシート 提出

矢印

3社団法人 日本医院開業コンサルタント協会での審査

矢印

4審査結果のご連絡

矢印

5掲載決定