医療法人社団秋桜会 木谷歯科医院

院長 木谷 光輔 / KITANI KOHSUKE (医学博士)
出身

香川県出身、朝日大学卒業 → 岡山大学医学部大学院修了

所属学会

EU 公式デンタルライセンスホルダー / 国際歯周内科学研究会評議員 / IDI 摂食嚥下リハビリテーション医師 / DGZIドイツインプラント学会ヨーロッパ本部会員 / BPS certified Dentist / 日本老年歯科医学会 / 日本歯周病学会 / 日本顎咬合学会 / ISOI 国際口腔インプラント学会 / 日本口腔感染症学会 / 日本ヘルスケア歯科学会 / IPSG 包括歯科医療研究会 / 日本病巣感染研究会 / 日本感染症学会ICD 協議会 / IDI 歯科医療情報推進機構 / 日本フィンランド虫歯予防研究会 / LSTR 療法学会 / 日本東洋医学会 / 国際顎頭蓋機能学会 / 日本口腔内科学研究会 / 日本総合口腔医療学会 / ドライマウス研究会 / 香川県先端歯科医療研究会 / 日本歯科医師会

ひとこと

最近はセカンドオピニオン(歯の神経をとりたくない・もう虫歯にならないように治したい・他院で歯周病治療をしたけれど、何かしっくりこない・何でも食べられるきちんとした入れ歯を作りたい・インプラントが怖い・入れ歯をしてから歯が抜けていくようになった・説明をきちんとしてほしいetc)で、相談されることが多くなりました。私たちはチーム医療でそれぞれ得意な分野がありますので、総合的な治療が提案できると自負しております。偏った考えではなく患者さんの人生を通したオーダーメイドな歯科医療を選んでいただきたいと思います。

理事長/副院長 木谷 憲輔 / KITANI KENSUKE (歯学博士)
出身

香川県出身、福岡歯科大学卒業→大阪歯科大学歯学部大学院修了

所属学会

日本口腔インプラント学会 / インディアナ大学歯学部インプラント科研究員 / ISOI 国際口腔インプラント学会 / IDIA アメリカ口腔インプラント学会 / 日本顎咬合学会 / 日本矯正歯科学会 / 日本成人矯正歯科学会 / 床矯正研究会 / 日本口腔衛生学会 / アンチエイジング歯科学会 / 日本抗加齢医学会 / 点滴療法学会 / 抗加齢歯科医学研究会 / 日本口腔診断学会 / 香川県先端歯科医療研究会 / 臨床器材研究所 / 日本歯科医師会

100年続く歯科医院を目指して。兄と弟。
2人の3代目が掲げる地域医療の「その先」へ。

63年続く歯科医院の3代目を系譜するドクターKITANI'S

昭和29年に初代院長・木谷浩三が開院した木谷歯科医院は、先代・琢郎の代から通院している患者さんもいるという、歴史ある地域密着型の歯科医院です。初代の掲げた「医療に地域は関係ない」の言葉通り、香川県多度津町という地方にありながら、都心部に劣らぬ最新設備を用いた最先端医療を地域住民の皆さんに提供しつつ、また逆に都会などの遠方から、その特殊な治療を求めて来られる患者さんも数多くいます。現在は兄の光輔が院長を務め、弟の憲輔が理事長と副院長を兼務する二人三脚体制で、100年続く歯科医院を目指しています。

職人気質でドイツ歯学に精通した院長の兄・光輔

院長を務める兄・木谷光輔は、勉強熱心で職人気質。「歯科医師は大学入学からスタート。一度しかない人生。やるからには一流を目指したい」と入学当初から学問に没頭し、次第に歯科医療の世界へ魅了されていきました。また、数々の学会に所属し、これまで多くの臨床報告をおこなってきました。歯科界の偉大な先輩方の知識や技術を正確におこなえるよう、現在も日々治療技術の研鑽につとめています。

得意分野はドイツ式テレスコープ義歯を含めたドイツの歯科治療全般、科学的歯周病治療、ドックベストセメントなどのオーガニックセメント治療などです。また国内だけでなく歯科の本場EUで、その技術と実績をEUの歯科医師ライセンス発行という形で公式認定されている超本格派です。

コミュニケーションに長けた理事長・弟の憲輔

現役歯科医師ボーカルグループ『GReeeeN』と同い年の弟・木谷憲輔は、バンド活動に打ち込み、プロのミュージシャンを目指していた過去を持つドクターです。歯科医師としてのキャリアをスタートさせた京都の歯科医院では、笑顔・気遣い・礼儀・倫理観など治療だけではないホスピタリティの重要さを学び、理事長として現在の経営に活かしています。


院長の光輔曰く「人心掌握術に長けていて、特に女性スタッフの扱いが上手い(笑)」。一見天才肌に見えますが、実は国内外問わずセミナーや勉強会に休日返上で参加し、現在も香川県内で数名しかいないインプラントの特別資格を最年少で取得している努力家です。

このクリニックの注目ポイント

【マイナス1 歳からの予防歯科】

16 週目以降の安定期に入った妊婦さんを対象にした『マタニティ歯科』に力を入れています。妊娠中はホルモンバランスが変わり、妊娠前の平常時と同じと考えてはいけないことが多くあります。特に歯肉炎は、早産や低体重児出産を引き起こしたり、最悪の場合は死産に至る可能性があります。母体の状態によっては地域の産婦人科クリニックと連携しての適切対応ができるよう診療体制を整えていますので、気軽にお問い合わせください。

 

【糖尿病予防に有効な歯周病治療】

院長の木谷光輔は、歯科医師ではあるものの糖尿病の研究で博士号(医学)を取得しました。糖尿病に限らず、歯科は病の進行の最前線と言われます。糖尿病患者は予備群含めてほぼ全て歯周病患者と言われ、歯周病治療をすることでHbA1c が0.4 ~ 0.7% 改善することは広く知られます。また入れ歯など歯が悪い人もまた糖尿病になりやすいと言われます。しっかり咬めないので炭水化物主体の食物摂取になり糖質過多から栄養が乱れ起こります。肉も野菜も咬み切れる入れ歯が必要、との観点からドイツ式入れ歯や咬める入れ歯にも力を入れてきました。

 

医院情報

地域 香川県仲多度郡多度津町
医院名

医療法人社団秋桜会 木谷歯科医院 香川精密義歯・矯正インプラントセンター

住所

〒764-0003
香川県仲多度郡多度津町元町4-6

アクセス

JR 予讃線「多度津」駅 徒歩5分

TEL 0877-32-6480
URL http://www.kitani-shika.com/
診療内容

●一般歯科 ●小児歯科 ●歯科口腔外科 ●矯正歯科
高度入れ歯専門外来 / 木谷式無痛治療 / 薬で治す歯周病治療 / インプラント / 予防歯科 / 審美歯科 / ドイツ式歯科診療全般 / ヨーロッパ式神経治療・神経保存療法 / ドックベスト式削らないむし歯治療 / セカンドオピニオン外来 / 訪問診療・訪問機能的口腔ケア

その他 ● 駐車場完備(10 台)
診療時間日・祝

9:00~12:30

×

14:00~18:00

×

※ 木曜は特診日で一般外来は診療不可
 祝祭日のある週の木曜は一般診療日
△ 14:00 ~ 17:00

【休診日】
日曜日 / 祝日


昭和29 年の開業以来、60 年以上に渡って多度津町の歯と健康を守り続けている木谷歯科医院。3 代目として現在の医院を運営するのは、職人気質な院長の兄・光輔先生と、コミュニケーション能力に長けた理事長兼副院長の弟・憲輔先生だ。今回は、互いが互いを支え合いながら診療を続ける、二人の木谷先生にインタビューをおこなった。

――お兄さんが院長で、弟さんが理事長というのは珍しいですね

【院長・光輔先生】
一般的な歯科医院では、院長と理事長を兼務するのが普通だと思います。当院が理事長と院長を分けているのは、役割分担という意味合いが大きいですね。理事長は診療行為以外にも経営やスタッフ教育などマネジメント能力が求められる、いわば組織の要です。弟はスタッフからの人望が厚く、法律に精通しています。彼がいないと木谷歯科医院は空中分解してしまうでしょう。彼がいるから、私は患者さまの治療に専念することができています。

またプレイヤーとしても、とても優秀です。インプラントや矯正の学会で海外に頻繁に参加していますし、なんといっても香川県で数名しかいない「日本口腔インプラント学会」の特別資格を持つ中で最年少ですからね! 頼りにしています。

【副院長・憲輔先生】
院長は治療のエキスパートです。さまざまな学会で多くの発表をおこなってきています。特に入れ歯の知識や腕前、引き出しの多さはピカイチだと思います。また兄は本場ドイツで習得したその特殊な技術を評価されてEU公式のデンタルライセンスを日本人で多分唯一取得しています。一緒に働いていて脱帽することも多いです。僕こそ本当に頼りにしていて、一人の歯科医師としても尊敬しています。兄は香川の木谷歯科医院以外に、海外にマネジメントをしているクリニックや、兄自身がプレイヤーとして診療するクリニックもありますし、国内外問わず活躍している姿は眩しいです。語学力は僕の方があるんですけどね~(苦笑) 

自称スゴイ先生は数多くいますが、日本以外の国でもその技術と実績を、ライセンス発行という形で公式認定されているような先生には、これまでお会いしたことがありません(編集者談)

 

――木谷歯科医院の特徴を教えてください

【院長】
当院では、あらゆる症状に対応した総合的な治療と予防をすることが可能です。その中でも「ドイツ式テレスコープ義歯」「お子さんに勧めたい矯正治療」「患者さん毎にオーダーメイドの科学的むし歯予防・歯周病予防」といった診療科目に力を入れています。ドイツ式テレスコープ義歯は歴史ある優れた治療方法なのですが、義歯の作製に高精度な技術を必要とするため、現在は「ロストテクノロジー」と呼ばれ、国内で取り扱える歯科医院はほとんどありません。①インプラントと異なり手術の必要がない、②自然な見た目で美しい、③装着時の違和感がほぼ無い、④生涯一義歯が可能なほど長持ち、⑤修理が可能、⑥年を重ねても順応し、やがて人工臓器のようになる、⑦持病が増えても心配ない、⑧寝たきりや介護を受けることになっても口腔ケアの心配が少ない、など多くのメリットがあります。当院では院内に併設している技工所と密な連携を取ることで、高精度な吸着入れ歯など他院にはない治療の引出しをたくさん持っています。

――治療の際に心がけていることはありますか?

【院長】
患者さまのライフステージに合わせて、2つの「MI」を基本理念とした、可能な限り神経を取らない治療を心がけています。歯の神経を取ることから口腔の崩壊は始まります。だから1つ目は、「MI=Minimum Intervention(最小限の治療)」です。2002年にFDIが提唱したもので、ヨーロッパで主流のオーガニックセメント類や3MIXやドイツ式神経保存療法を併せた、少しでも神経を残せる治療方法を患者さまに提案しています。2つ目は、「MI=Maximum Intervention(最大限の治療)」です。耳に優しい台詞だけを使用するのは不誠実だと考えています。40~70代の方によくみられるのですが、堰を切ったように次々とお口のトラブルが続く方が結構います。坂を転げ落ちるかのように悪化していくのを防ぐには、最大限治療介入して、崩壊を未然に防ぐという予防補綴という治療理念を掲げて日々診療に取り組んでいます。


 

――今後の木谷歯科医院の展望をお聞かせください

【副院長】
木谷歯科医院は祖父の代から数えて今年が63年目にあたるのですが、100年続く歯科医院を目指しています。また、4人に1人が高齢者になると言われている2025年問題に向けて地域密着型の診療を続けていくことは勿論のこと、これからは訪問診療に力を入れていきたいですね。ちょうど数年前から訪問診療をスタートさせて、普通の訪問歯科治療だけではなく、訪問口腔ケアや栄養士や薬剤師を採用して摂食・嚥下障害の患者さんまで対応できるようにしています。病院や施設の従業員の方にも口腔ケアのノウハウを教授して、医科―歯科の連携を密にして地域の医療に貢献していきたいですね。

【院長】
「メタボリック・ドミノ」という言葉をご存知ですか? メタボリック・ドミノとは、生活習慣病に起因するメタボリック症候群が、高血圧・肥満・脂質異常症・高血糖ら「死の四重奏」などさまざまな疾患をドミノ倒しのように引き起こす現象のことをいいます。実は、このメタボリック・ドミノの一番最初の引き金になるのが、虫歯や歯周病なんです。特に歯周病関連細菌は糖尿病を悪化させたり、動脈硬化を起こしたり、心筋梗塞や脳卒中に深く関与するなど全身疾患との因果関係が証明されだしました。妊娠中は歯肉炎が悪化すると、低出生体重児出産や死産に繋がることもある、静かですが恐ろしい病気です。またむし歯になり続ける人は生活習慣が乱れている可能性があります。生活習慣が乱れているということは、先に挙げた死の四重奏などの生活習慣病にかかりやすいということです。当院ではしっかりと食事のできる口を作ることで、患者さまの治療から生活指導まで「ゆりかごから墓場まで」お付き合いできる歯科医院を目指しています。知ってアクションを起こさないのは自己責任です。でも正しい情報を伝えるのは我々の最も大事な役目です。治療すること以上に大事だと考えています。「伝えた」と「伝わった」の間には深い渓谷がありますが、なんとかして橋を掛けたいと思っています。その橋の先には不幸な未来はないと私たちは信じています。